彼氏と別れた!?復縁の冷却期間は二週間?1ヶ月?どれくらい?メールしても大丈夫?

当たる復縁占い


今、一番話題の復縁占いをご存知ですか?占いの母と呼ばれる占い師があなたの復縁の可能性を占います!元カレとの復縁の可能性は如何でしょうか?是非、お試し下さい!

復縁の冷却期間

恋人と別れてしまった場合、振られた側はすぐにでも復縁をしたい衝動に駆られます。
しかし、自分の気持ちばかり最優先し、相手の気持ちを理解せずにそれを求めることはますます復縁を遠ざけるだけではなく、相手に嫌悪感を持たせる結果となる可能性も低くはありません。

別れ方も千差万別、お互い感情的に喧嘩別れをするケースもあればまた穏やかに納得して別れるケースなど様々です。
復縁を求めるのならば、一旦冷却期間を置くことが効果的です。
そしてそれは、別れた際の状態によって期間もまちまちです。

お互い納得のうえ別れた場合の冷却期間

お互い仕事などの事情でなかなか会う時間が取れないことや、ちょっとした誤解からすれ違い別れ話が出た場合、浮気や心変わりや積み重なったストレスなどが原因の別れでなければ冷却期間は1週間で事足ります。
1週間お互い連絡を経つことで、自分自身は勿論相手の事も考える時間が出来、再度じっくり話し合おうという気持ちがわいてきます。

浮気やマンネリなどから別れた場合の冷却期間

この場合、1ヶ月の冷却期間でお互い相手の存在がどれ程だったか思い改める機会を得ることが出来るでしょう。
常日頃一緒にいて、甘えも出て新鮮さも失われた時、浮気や喧嘩が勃発しやすくまたマンネリにも陥りやすくもあります。

1ヶ月お互いフリーになることで、身近にいた相手の存在価値を認めることが出来るのは勿論のこと、よりいっそう相手が自分にとって価値のある存在だったということに気がつく場合があります。
相手のことを軽んじることもなくなりますし、またマンネリであった感情も一度相手を失った事実によってまた失うかもしれないという恐れが生じ、新しい感情が生まれることもあるでしょう。

■積み重なったストレスや苦痛からの別れの場合の冷却期間

衝動的な別れではなく、常日頃積もり積もったストレスや苦痛が爆発し、もう無理だと別れを決断した場合の復縁は困難なものです。
決断するまでに長時間を要した訳で、振られた側は突然のことかもしれませんが振った側はだいぶ前から心に蓄積させていた想いなのですから、すぐに心変わり出来るはずはありません。

一旦相手の要求を聞き入れて冷却期間を長期に及び置く必要があります。
この場合、最低3ヶ月とみて良いでしょう。

3ヶ月といえば、季節が一つ変わる単位なので春夏秋冬様々なイベントをいずれかもお互い一人で過ごすことになります。
よりいっそう孤独感を感じやすく、また自分自身を見つめ直すことも出来るでしょう。

3ヶ月あれば、振られた直後のどうしてという気持ちが薄まり、自己分析でも相手が自分をどうして振ったのかを理解出来ている頃です。
事実を受け入れ、悪かった点を悔い改める姿をこれみよがしではなく自然に相手に伝えることが出来る時期です。

まとめ

別れのパターン別に冷却期間は変わって来ます。
しかし、どのパターンにおいても一番大事なのは「相手を思いやる心と自分自身を見つめなおす心」です。
その2点を踏まえて、復縁を成功させて下さい。



当たる復縁占い

復縁の可能性がわかる無料復縁占いをお試しください♪ 復縁成功への手がかりを掴むには復縁占いが一番です!


あなたのお名前(必須)

あなたの性別
女性 男性
お相手のお名前(必須)



ページ上部へ戻る