友達に元カレとの復縁を反対される?復縁サイトは復縁を勧めます。

当たる復縁占い


今、一番話題の復縁占いをご存知ですか?占いの母と呼ばれる占い師があなたの復縁の可能性を占います!元カレとの復縁の可能性は如何でしょうか?是非、お試し下さい!

お付き合いしていた彼氏と何かしらのきっかけで、残念ながらお別れしてしまうことがあります。
自分が納得できる場合は、スパッと気持ちを切り替えて次の男性を見ることも出来るでしょうが、相手への気持ちが強いが故に未練が残ってしまい、出来るならヨリを戻したい、復縁したいと思うこともあるでしょう。

でも、当サイトのような復縁サイトは元カレ、元カノとの復縁を勧めます。
なぜならば、一度築いた信頼、愛情、想い出を無にする必要はないと考えるからです。
今回は、この復縁をするための方法を考えてきたいと思います。

復縁に向けた心構え

元カレとの復縁をしようと思うと、自分から離れていってしまった相手の気持ちをもう一度自分に向けさせなければなりません。
あなたの存在を、相手に取って大きなものだったのだと思い直させなければならないのです。
元カレに再びそう思ってもらうにはどうするのがいいのか、答えは意外と簡単なものなので読み進めてみましょう。

自分から相手を追いかけない

元カレを思いすぎるあまり、つい相手を追いかけてしまいがちになってしまいます。
追いかけて成功する可能性もゼロではありませんが、可能性でいうとレアケースに近いと思います。

一般的に考えて、気持ちの離れた相手に追いすがられてしまうとやはり引いてしまうのが人の心でもあります。
これでは成功する可能性のあった復縁も、ダメになってしまう可能性が格段に上がってしまいます。
どれだけ未練があって復縁をしたい相手に対しても、追いかけたい気持ちをグッと抑えて、少し引いた関係を心がけましょう。

元カレに対する執着・依存を見せない

元カレとのヨリを戻したいと思っている場合、相手に自分を追いかけさせるというのが鉄則です。
元カレに「この子はまだ自分に未練があるんじゃないか?」と思わせるのではなく「自分はこの子と別れたらダメだったんじゃないか?」と思わせないといけないわけです。

そんな風に元カレの気持ちを揺さぶるためには、相手に対する執着を捨てて「あなたがいなくても、私は自立していられる」という状態を作ることが必要なのです。

元カレに対して何も求めない

元カレとのヨリをもとしたければ、相手に対して見返りを求めてはいけません。
そういった期待を大きく持てば持つほど、ガッカリするばかりで自分自身が疲れてしまいます。
例えば何かしらの約束事をしてたとき、直前になって元カレ側からドタキャンされた場合、楽しみにしていたあなたは大なり小なりショックを受けます。

その時に、あなたが相手を責めてしまうと元カレの方は「執着されてるのでは?」「重い女だな」と思わせてしまう可能性があり、復縁の可能性をつぶしてしまうことになります。
こういった場合は「しょうがないね〜、また遊んで」といった程度に止めておくことをおすすめします。

相手への素直な気持ちは伝えましょう

この場合の気持ちというのは「ヨリを戻したい」「復縁したい」というLoveの気持ちではなく、相手に対しての「尊敬」「信頼」といったLikeの気持ちのことです。
未練を表に出さないように意識するあまり、ついつい相手に対して冷たい態度を取ってしまいがちになります。
相手のいい所はいつでも褒める、頼れる所では頼る。

褒められて嫌な思いをする人はいませんし、頼られて悪い気のする男性はいないでしょう。
こういう「付かず離れず」の距離を保つことが、ヨリを戻すためのツボだと心得ましょう。

元カレに追いかけさせる・ヨリを戻したいと思わせる

前述の「付かず離れず」の距離感がつかめた所で、元カレに「追いかけたくなる状況」を作ります。
要するに、あなたの魅力を上げるのです。

自分磨きをしてどんどんきれいになっていくあなたを見て、元カレの方は「自分と別れてから、この子はきれいになった。別れるべきじゃなかったのでは?」と思い始めることでしょう。
こう思わせることで、復縁の可能性がこの上なく上がることでしょう。

おわりに

これらのことをすべて実行したからといって、確実に元カレとの復縁が出来るかといえば、何ともいえない所があります。
ただ、確率がゼロなのかそうでないのか、自分が納得する所まで努力できたのかという過程が大事だと考えます。
あなたが自分自身に自信をもって、焦らずマイペースに過ごすことが重要なのです。



当たる復縁占い

復縁の可能性がわかる無料復縁占いをお試しください♪ 復縁成功への手がかりを掴むには復縁占いが一番です!


あなたのお名前(必須)

あなたの性別
女性 男性
お相手のお名前(必須)



ページ上部へ戻る